メニュー

9月22日(土)先行事例から考える 次代の農産物物流の可能性

- 2018OLE, OLE22日開催セミナー, オーガニックライフスタイルEXPO, 募集中のセミナー・ツアー
9月22日〜オーガニック・エコ農産物実践的活用のための実需者講習会 第二回〜
先行事例から考える 次代の農産物物流の可能性

農林水産省 平成30年度事業
オーガニック・エコ農産物安定供給体制構築事業/消費者・実需者等理解増進活動支援事業

かねてより、オーガニック農産物においては、少量多品種の生産者が多く、通年安定供給の難しさも重なり、「物流」コストの増大が課題と捉えられてきました。しかも昨今は、物流費が高騰し、農産物全体の「物流」コストがさらなる足かせになっています。その打開策として、物流企業による物流改革の検討会を開催したり、「地域内物流」の試験運用が行われたりしています。
そうした先行事例のなかから、今回は特に「地域」に特化した新たな物流改革の挑戦者を招き、講演いただきます。また、講演者と生産者のトークセッションを実施し、次代の農産物物流の可能性を考えたいと思います。

※「オーガニック・エコ農産物安定供給体制構築事業/消費者・実需者等理解増進活動支援事業」
については右リンクを参照 http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/attach/pdf/organic_eco-9.pdf

【対象】
・ 全国各地の農産物や農産加工品を取り扱う小売、流通、加工、飲食などの実需者
(特に物流に関して課題を感じている事業者)
・ オーガニック・エコ農産物をこれから取り扱いたいと考える小売、流通、加工、飲食などの実需者
・ 全国各地の農産物生産者
・ 日常的にこだわりの農産物を積極的に購入している消費者 など

開催日時 2018年9月22日(土)12:30~13:30 東京国際フォーラム (受付開始12:10~) 
     第3回オーガニックライフスタイルEXPO ミニステージ
参 加 費:無料(定員50名。席確保の都合上、事前申し込みをお願いします)

【内容】
講演1:注目の先行事例「やさいバス」から学ぶ、
これからの農産物物流の可能性
講師:やさいバス株式会社 ご担当者さま

講演2:ビジネス拠点作り事業の先行事例を紹介
〜京都オーガニックアクション協議会の活動と物流に対する取り組み〜
講師:京都オーガニックアクション協議会 村山邦彦

トークセッション:
 次代の地域農産物に必要とされる物流システムを考える
登壇者:講演者およびオーガニックプロデューサー(生産者) 司会 OVJ種藤潤

※冒頭で、本補助事業の趣旨及び、事業内で行っているオーガニック・エコ農産物マッチングサイト「farmO」の説明を行う予定です。

【主催】 一般社団法人次代の農と食をつくる会
【問い合わせ】 一般社団法人オーガニックヴィレッジジャパン(OVJ)
TEL03-6380-2168 FAX03-6380-2408 mail:info@ovj.jp url:http://ovj.jp

セミナー申込は終了しました。
当日席はご用意しておりますのでお時間になりましたらセミナー受付にてお問合せください。